野の音, vol.1 - 雨粒の流れ -

許されるのならば

わたしは、ずっとずっとずっとずっとずーっと

 

誰もいない山道で

 

永遠に、自然を撮っていたい…

ただの道端、

ただの雑草、

ただの落ち葉、

 

けれども わたしには息が止まるほど美しく見える。

小川の岩の淵にたどり着いた、その椿の花の紅色の欠片に、

その脇で、今まさに伸びをしようとしている若いシダに、

雨に濡れながら、頷くように雨に揺れる菫(すみれ)の葉に、

水分を吸って、もっちりと幸せそうな苔たちに、

 

私はいつも泣きそうなくらい、どうしようもないほど惹かれる‥

望む場所へと今、行けなくても。

 

道端のアスファルトの隙間から手を伸ばす草に、

フェンスの奥に咲く野の花に、

遠くで揺れる、木々の葉っぱの一枚一枚に。

 

空き地や、野原ですら

 

「なにもない」と思っているのはきっと人間だけ

草の命、木の命、虫たち、たくさんの微生物。

どこをみたって、この地球は、奇跡だらけだ、と思う…

変化と適応の繰り返しに

 

少しお疲れの、わたしと、あなたに。

撮りためておいた音たちを、

贈ってみようと思い立ちました。

 

自然からのギフトは、いつもなにか、自分の中の尖ったものを

柔らかく包むように鎮めてくれます。

 
 

#suuの野の音

 

vol.1は、

人っ子ひとりいない雨靄(あまもや)霞む裏山の奥から。

 

その時出逢った、山から流れる細(ささ)やかな せせらぎ。

植物たちの合間から、雨の力を借り、

力強く流れる様が美しく。

 

雨の中、カメラにわたしのストールを掛けながら撮影したもの。

カメラが少し動くのはそのせいだったはず...、笑

 

小さな音で

目を瞑って、聞いてもらえたら…

#suuの野の音

#野の香りはお茶にのせて

#月の巡りと薬草暮らし

with love&care,

- suu - 薬草ハーバリスト

Miho